『憲法改悪を許さない全国署名』


ネット署名は、こちら


【アピール】
戦争も改憲も許さない!
「憲法改悪を許さない全国署名」を 5月19日に提出します。目前の参議院選挙に向け、5・3憲法記念日を節に集めつくしましょう

2022年4月18日
9条改憲NO!全国市民アクション
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

ロシアによるウクライナ侵略から約2カ月、国際世論と国連憲章などのルールの力で侵略をとめ、戦争犯罪者を裁きにかけ、平和の秩序の回復を、と国内外で行動が積み重ねられています。

その時に、この惨事を千載一遇の好機とばかり、「9条で国は守れるのか」との憲法の攻撃や、「核共有」・非核三原則見直し、敵基地攻撃能力保有などの憲法破壊と大軍拡の動きが、自民党や日本維新の会などから繰り返されています。

3月の自民党大会では、「改憲4項目」にもとづく改憲発議をめざした「憲法改正の国民意識の高揚をはかる」、「国会・憲法審査会での論議の促進」との方針を決め、岸田首相が「国民との対話」を強調しました。自民・公明与党と日本維新の会は国会内の多数を背景に国民民主党も巻き込んで、憲法審査会の毎週開催で足並みを揃え、「オンライン国会」に関して憲法56条1項の「出席」の解釈を採決で決し、緊急事態条項の議論を重ねるなど、改憲発議への動きを加速させています。

民意は「憲法改正」など望んでいません。安倍元首相 の「2020年に新憲法を」の企みは、世論の力ではね返し、主唱者を退陣に追い込みました。昨年の総選挙で各党党首らは「憲法」をほとんど口にせず、争点ではありませんでした。各種世論調査でも、重視する政策課題として「憲法改正」をあげる声は極めて少数でしかありません。民意と改憲勢力の国会論議には著しいかい離があります。

全国各地で取り組まれている「憲法改悪を許さない全国署名」運動では、ウクライナ問題で「何かしないといけない」「何かしたい」と いう市民の思いと結びつき、対話が弾み、「戦争も改憲も許さない」と署名が寄せられています。

「戦争か平和か」が問われ、日本の進路を決するともいうべき参議院選挙は2か月後に迫っています。この選挙で、市民と野党の共闘を継続、発展させて改憲ストップの勢力の議席を3分の1以上獲得しなければなりません。

5月3日の憲法記念日に施行75年を迎える日本国憲法は最大の危機にあり、「憲法を守り生かすか、改憲か」が「草の根の対決」となっています。

9条改憲NO!全国市民アクションと戦争させない・ 9 条壊すな!総がかり行動実行委員会は、参議院選挙にむけ、「憲法改悪を許さない全国署名」運動を大きく取り組み、5・3憲法記念日を節に、地域で、街頭で、職場で、学校で、知り合い・友人の間で、仲間同士相談し合い、力を合わせ署名を集めつくすことを改めて訴えます。

署名の国会提出を予定する5月19日の「第78回19日国会行動」には、全国から寄せられる署名を1人分でも多く国会に提出し、民意のありかを示すことができるよう呼びかけます。

PDFファイルは、こちら


5月19日の「憲法改悪を許さない全国署名」国会提出について(2022.4.19)


「憲法改悪を許さない全国署名」の掲載に際して

先の総選挙後の憲法をめぐるあたらしい情勢に対応するため、全国市民アクションと総がかり行動実行委員会は新しく「憲法改悪を許さない全国署名」に取り組むため、署名用紙をリニューアルしましたのでサイトに掲載します。

総選挙後の情勢の中で、各地の皆さんから要望が相次いでおりますので、取り急ぎ掲載します。直ちにダウンロードしてお使いくださいますよう、お願いいたします。署名の期限の設定など、取り組み方につきましては、後日、あらためて発表いたします。

なお、この署名は従来取り組んできた「改憲発議反対全国緊急署名」などに署名していただいた方々も含め、署名していただけるものです。

従来の署名がお手元にありましたら、なるべく早めにお送りください。こちらで別途、国会に提出いたします。

2021年11月24日
全国市民アクション
総がかり行動実行委員会


●署名用紙

PDFファイルは、こちら

Wordファイルは、こちら

記入された署名用紙は、署名用紙に記載の住所にお送りください。
多数の署名用紙をまとめて送られる場合は、できるだけ「筆数」を添付してくだされば幸いです。

<署名についてのご注意>

・日本にお住まいの方であれば、年齢、国籍を問わず署名できます。
・海外在住で日本国籍をお持ちの方も署名できます。
・「住所」の欄には、日本国内にお住まいの方は「都道府県」名から、海外にお住いの方は国名からお書きください。
・ご家族の姓や住所が同じ場合でも、「同上」とか「〃」ではなく、姓名と住所を全部お書きください。

・署名は原則として自筆でお願いします。自筆で書けない事情があり、ご本人の承諾があれば、代筆も可能です。
・筆記用具は、消せないものを使ってください。鉛筆は使わないでください。
・書き間違えたときは、修正液を使わず、二重線で消してください。
・署名用紙自体は、コピーして使うことができます。ただし、お送りいただく際は、署名済みの用紙そのものを封書でお送りください。コピーされた署名やFAXでの署名用紙の送付は無効となります。
・署名欄の切り貼りや、署名欄だけ切り取って送ることはしないでください。
・どうしても署名欄(5人)が埋まらないときは、空欄があっても送ってください。
・「取り扱い団体」欄は、空欄のままでもかまいません。
・いただいた署名は、国会請願と首相への要請以外には用いません。
・そのほか、ご不明な点がありましたら、呼びかけ団体までお問い合わせください。


チラシ


ネット署名は、こちら

<ネット署名についてのご注意>

・日本にお住まいの方であれば、年齢・国籍を問わず署名できます。
・海外在住の日本国籍保持者の方は署名できます。
・海外在住の外国籍の方も、制度上、首相あてのみ有効となりますが、インターネット署名は出来ます。
・いただいた署名は、政府へ提出する以外の目的では、使用いたしません。


宣伝セット(のぼり・横断幕・ポスター)
全国署名ポスター
全国署名プラカード
プラカード(8種)(NEW)
各地の取り組み


今までの署名のページは、こちら(新しい署名『憲法改悪を許さない全国署名』への移行をお願いいたします)